Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件

2020年第2四半期に脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」に登録された脆弱性情報は4279件だった。すでにサポートが終了している「Windows Server 2008」「Windows 7」なども引き続き、多くの脆弱性が登録されている。

「JVN iPedia」は、2007年4月より公開されている脆弱性対策情報のデータベース。国内のソフトウェア開発者が公表した情報をはじめ、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」、米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」の公開情報などを登録している。

情報処理推進機構(IPA)によれば、同四半期に登録された脆弱性情報は4279件。前四半期の4520件から241件減少した。内訳を見ると、国内製品開発者による登録情報が7件、「JVN」の掲載情報が172件、「NVD」の情報が4100件だった。

データベースが公開されて以降の累計登録件数は12万883件。英語版はあらたに27件が登録され、累計は2159件となった。

20200730_ip_001.jpg
JVN iPediaの登録件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2020/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開