Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

林業機械の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性

林業機械の通信販売サイト「ENGINE −円陣−」が不正アクセスを受け、決済に利用された顧客のクレジットカード情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する円陣によれば、システムの脆弱性を突く不正アクセスにより、同サイトで利用された顧客のクレジットカード情報が流出し、一部不正に利用された可能性があることが判明したもの。

流出した可能性があるのは、2019年10月13日から同年12月19日にかけて利用されたクレジットカード情報932件で、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

1月21日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり問題が判明。クレジットカードによる決済を停止して外部事業者による調査を行い、3月25日に調査を終えていたという。

同社は、6月1日に経済産業省および個人情報保護委員会へ事態を報告し、警察に被害届を提出。対象となる顧客に対しては、7月17日よりメールで事情を報告し、謝罪。心当たりのない請求が行われていないか、確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も