Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

林業機械の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性

林業機械の通信販売サイト「ENGINE −円陣−」が不正アクセスを受け、決済に利用された顧客のクレジットカード情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する円陣によれば、システムの脆弱性を突く不正アクセスにより、同サイトで利用された顧客のクレジットカード情報が流出し、一部不正に利用された可能性があることが判明したもの。

流出した可能性があるのは、2019年10月13日から同年12月19日にかけて利用されたクレジットカード情報932件で、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

1月21日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり問題が判明。クレジットカードによる決済を停止して外部事業者による調査を行い、3月25日に調査を終えていたという。

同社は、6月1日に経済産業省および個人情報保護委員会へ事態を報告し、警察に被害届を提出。対象となる顧客に対しては、7月17日よりメールで事情を報告し、謝罪。心当たりのない請求が行われていないか、確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正