Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS

GRCSは、外部委託先のサイバーリスクを調査し、レポートを提供する「外部委託先サイバーリスクアセスメントサービス」を提供開始した。

同サービスは、子会社や外部委託先、協業事業者における情報漏洩の状況や、偽サイトの設置といったサイバー攻撃におけるリスクなどを、ディープウェブを含む公開情報より調査し、レポートを提供するもの。イスラエルのIntSights Cyber Intelligenceが開発する「IntSights」を活用している。

また外部委託先のリスク管理が行える同社サービス「Supplier Risk MT」との連携に対応。過去の評価履歴を含めた委託先管理や、重要度の高い委託契約の抽出、委託契約内容と評価結果の相関分析などが行える。

(Security NEXT - 2020/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure