Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS

GRCSは、外部委託先のサイバーリスクを調査し、レポートを提供する「外部委託先サイバーリスクアセスメントサービス」を提供開始した。

同サービスは、子会社や外部委託先、協業事業者における情報漏洩の状況や、偽サイトの設置といったサイバー攻撃におけるリスクなどを、ディープウェブを含む公開情報より調査し、レポートを提供するもの。イスラエルのIntSights Cyber Intelligenceが開発する「IntSights」を活用している。

また外部委託先のリスク管理が行える同社サービス「Supplier Risk MT」との連携に対応。過去の評価履歴を含めた委託先管理や、重要度の高い委託契約の抽出、委託契約内容と評価結果の相関分析などが行える。

(Security NEXT - 2020/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
ダークウェブを対象とした組織機密情報の流出調査サービス
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト