Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS

GRCSは、外部委託先のサイバーリスクを調査し、レポートを提供する「外部委託先サイバーリスクアセスメントサービス」を提供開始した。

同サービスは、子会社や外部委託先、協業事業者における情報漏洩の状況や、偽サイトの設置といったサイバー攻撃におけるリスクなどを、ディープウェブを含む公開情報より調査し、レポートを提供するもの。イスラエルのIntSights Cyber Intelligenceが開発する「IntSights」を活用している。

また外部委託先のリスク管理が行える同社サービス「Supplier Risk MT」との連携に対応。過去の評価履歴を含めた委託先管理や、重要度の高い委託契約の抽出、委託契約内容と評価結果の相関分析などが行える。

(Security NEXT - 2020/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム