Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「2ちゃんねる」投稿制限の説明時に誤って担当者情報を開示 - 仙台CATV

仙台CATVは、同社サーバ経由で「2ちゃんねる」に対する不正投稿があったとして投稿制限を受け、投稿者へ説明を行った際、誤って「2ちゃんねる」担当者の個人情報を漏洩したことを明らかにした。

同社サーバを経由し、掲示板サイト「2ちゃんねる」への不正投稿が発生したことから、「2ちゃんねる」より投稿制限を実施したの報告があり、11月27日に、事実関係の確認や状況を改善するための説明を投稿者に行ったが、その際に誤って「2ちゃんねる」担当者の氏名の一部やメールアドレスを誤って開示したという。

同社では、漏洩した個人情報の回収に努めるとともに、「2ちゃんねる」やその担当者に対し経緯説明を行うとしている。

(Security NEXT - 2009/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
行政文書開示請求者に個人情報を誤開示 - 生駒市
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市