Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市

京都市は、中小企業向けに実施している新型コロナウイルス感染症関連の相談事業において、相談者の情報がインターネット上で閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。アクセス制限などかけられておらず、検索エンジンに登録されたという。

同市によれば、中小企業向けに実施している新型コロナウイルス関連の相談事業「中小企業等支援策活用サポートセンター」において、委託事業者のミスにより、相談者の情報がインターネット上で閲覧可能となっていたもの。7月16日に相談者から指摘があり、問題が発覚した。

不備が明らかとなったのは、同市や相談員、委託業者間で相談者の相談記録といった情報を共有するために作成していた「関係者サイト」。相談者89人に関する事業者名や電話番号、従業員数、業種、補助金や融資の申請の有無、相談を希望する内容などが含まれる。個別の相談票に記載された相談員の氏名や相談内容の区分、相談ごとの種類、売上減少の程度、相談内容なども保存されていた。

問題のサイトでは、トップページはパスワードを設定していたが、それ以外のページは外部に公開されており、6月16日のサイト開設以降、外部に公開された状態だったという。検索エンジンに対しても公開ページと通知していた。

同市は、データへ個別にパスワードを設定し、関係者以外が表計算ソフトのデータを閲覧できないよう対策したと説明。検索エンジンに登録されたデータの削除を依頼し、すべて削除されたという。また対象となる相談者には事情を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市