Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」をリリースした。

今回のアップデートは、カーネルに関する脆弱性3件や「WebKit」関連の脆弱性8件など、CVEベースで29件の脆弱性に対処したもの。オーディオの処理に関する脆弱性4件のほか、「Wi-Fi」や「Safari」「メッセージ」「メール」「Bluetooth」などの脆弱性を解消した。

同社は今回のアップデートとあわせて、「iOS 13」へアップグレードできないデバイス向けに「iOS 12.4.8」をリリースしているが、CVEベースの脆弱性に対する修正は含まれていないという。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-14899
CVE-2019-19906
CVE-2020-9862
CVE-2020-9865
CVE-2020-9878
CVE-2020-9885
CVE-2020-9888
CVE-2020-9889
CVE-2020-9890
CVE-2020-9891
CVE-2020-9893
CVE-2020-9894
CVE-2020-9895
CVE-2020-9903
CVE-2020-9907
CVE-2020-9909
CVE-2020-9910
CVE-2020-9911
CVE-2020-9914
CVE-2020-9915
CVE-2020-9916
CVE-2020-9917
CVE-2020-9918
CVE-2020-9923
CVE-2020-9925
CVE-2020-9931
CVE-2020-9933
CVE-2020-9934
CVE-2020-9936

(Security NEXT - 2020/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性