Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み

「Apache Tomcat」の開発チームは、サービス拒否が生じるおそれがある2件の脆弱性を明らかにした。アップデートを呼びかけている。

「CVE-2020-13935」は、重要度は4段階中2番目にあたる「重要(Important)」とされる脆弱性。「WebSocketフレーム」の処理においてループが生じ、サービス拒否に陥るおそれがあるという。

また「HTTP/2」の処理においてサービス拒否が生じる脆弱性「CVE-2020-13934」に対処した。重要度が1段階低い「中(Moderate)」とレーティングされている。

開発チームでは、7月5日にリリースした「同10.0.0-M7」「同9.0.37」「同8.5.57」にて脆弱性を修正したとしており、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起