Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施

Googleは、ブラウザの最新版「Chrome 84」をリリースした。機能強化のほか、深刻な脆弱性に対応したという。

今回のアップデートでは、アプリアイコンのショートカット機能や画面が暗くなったり、ロックされないようにする「ウェイクロック」といった新機能を搭載。さらに38件のセキュリティに関する修正を実施した。

脆弱性については、CVEベースで26件に対処したことを明らかにしている。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件で、「バックグラウンドフェッチ」においてヒープバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2020-6510」を修正した。

さらに重要度が1段階低い「高(High)」とされる脆弱性7件をはじめ、「中(Medium)」の脆弱性8件、「低(Low)」の脆弱性10件を解消している。

同社は利用者に対し、数日から数週間以内に同バージョンを展開していく。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-6510
CVE-2020-6511
CVE-2020-6512
CVE-2020-6513
CVE-2020-6514
CVE-2020-6515
CVE-2020-6516
CVE-2020-6517
CVE-2020-6518
CVE-2020-6519
CVE-2020-6520
CVE-2020-6521
CVE-2020-6522
CVE-2020-6523
CVE-2020-6524
CVE-2020-6525
CVE-2020-6526
CVE-2020-6527
CVE-2020-6528
CVE-2020-6529
CVE-2020-6530
CVE-2020-6531
CVE-2020-6533
CVE-2020-6534
CVE-2020-6535
CVE-2020-6536

(Security NEXT - 2020/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立