Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施

Googleは、ブラウザの最新版「Chrome 84」をリリースした。機能強化のほか、深刻な脆弱性に対応したという。

今回のアップデートでは、アプリアイコンのショートカット機能や画面が暗くなったり、ロックされないようにする「ウェイクロック」といった新機能を搭載。さらに38件のセキュリティに関する修正を実施した。

脆弱性については、CVEベースで26件に対処したことを明らかにしている。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件で、「バックグラウンドフェッチ」においてヒープバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2020-6510」を修正した。

さらに重要度が1段階低い「高(High)」とされる脆弱性7件をはじめ、「中(Medium)」の脆弱性8件、「低(Low)」の脆弱性10件を解消している。

同社は利用者に対し、数日から数週間以内に同バージョンを展開していく。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-6510
CVE-2020-6511
CVE-2020-6512
CVE-2020-6513
CVE-2020-6514
CVE-2020-6515
CVE-2020-6516
CVE-2020-6517
CVE-2020-6518
CVE-2020-6519
CVE-2020-6520
CVE-2020-6521
CVE-2020-6522
CVE-2020-6523
CVE-2020-6524
CVE-2020-6525
CVE-2020-6526
CVE-2020-6527
CVE-2020-6528
CVE-2020-6529
CVE-2020-6530
CVE-2020-6531
CVE-2020-6533
CVE-2020-6534
CVE-2020-6535
CVE-2020-6536

(Security NEXT - 2020/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正