Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行

同社は、今回の問題についてセキュリティ上の脅威はないと強調する一方、CA/Browser Forumによって策定された「EV証明書ガイドライン」に従い、2020年7月11日までにEV証明書を失効させる必要があったと釈明。

影響を受ける関係者へ連絡を取り、影響を受ける「EV SSL証明書」を利用している場合は、問題ない中間認証局とチェーンされる再発行した「EV SSL証明書」を再インストールし、利用するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス