Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行

DigiCertの一部中間認証局が、WebTrustの監査リストに記載されていなかったことがわかった。同社は約5万件の「EV SSL証明書」を失効させ、利用者には再発行した証明書を用いるよう求めている。

問題の中間認証局は、「DigiCert Global CA G2」「GeoTrust TLS RSA CA G1」「Thawte TLS RSA CA G1」「Secure Site CA」「NCC Group Secure Server CA G2」「TERENA SSL High Assurance CA 3」。CertCentral、Symantec、Thawte、GeoTrustより発行され、これら中間認証局とチェーンされた「EV SSL証明書」が影響を受ける。

「EV SSL証明書」の発行にあたり、中間認証局は監査の対象となるが、7月2日に問題が指摘され、監査漏れが判明した。同社はこれら中間認証局による「EV SSL証明書」の発行を7月6日に停止。これら中間認証局にチェーンされた「EV SSL証明書」をすべて失効させた。影響を受ける証明書は、約5万件にのぼると見られる。

今回EVの監査漏れが判明した中間認証局については、WebTrust CAおよびBRの監査は行われていたとして、同社は失効させない方針。同中間認証局とチェーンされた「OV SSL証明書」「DV SSL証明書」については影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2020/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
「CODE BLUE 2021」基調講演にデジタル庁CISOの坂明氏 - 会場限定セッションも
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
2回目の「特別定額給付金」で誘導するフィッシングに注意
コロナ問題に便乗、厚労省装うフィッシング - 証明書写真など詐取
Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
SSOサーバ「ForgeRock AM」にRCE脆弱性、すでに被害も - 「OpenAM」も注意を
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正