Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ

「Apache Tomcat」の開発チームは、「HTTP/2リクエスト」の処理でサービス拒否が生じるおそれがある脆弱性を明らかにした。アップデートを呼びかけている。

細工された「HTTP/2リクエスト」のやり取りで数秒間の高負荷が生じ、処理が重なることでサービス拒否を引き起こす脆弱性「CVE-2020-11996」を公表したもの。リモートより悪用されるおそれがあり、重要度は4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

5月21日に開発者のメーリングリストで脆弱性の可能性に言及せず報告された問題だったが、調査を行ったところ、サービス拒否を引き起こすことが判明した。開発チームでは、6月7日にリリースした「Apache Tomcat 10.0.0-M6」「同9.0.36」「同8.5.56」にて脆弱性を修正済みであることを明らかにし、同バージョン以降に更新するようあらためて利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も