Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI

NECソリューションイノベータは、サイバー攻撃者の視点で、公開情報などにリスクが存在しないか調査し、リスクや対策についてレポートを提供する新サービスを開始した。

「NEC サイバー攻撃疑似偵察サービス」は、攻撃手法を検討するため、インターネット上の公開情報などもとにサイバー攻撃者が行う偵察活動を同社が疑似的に実施、潜在的なリスクや対策を提示するサービス。

具体的には、公開されているドメイン情報やサーバ、アカウント名、メールアドレスなどの基本情報を調査。インターネット上に公開されている情報のなかから、サイバー攻撃の足がかりとなる情報が含まれていないか、攻撃者の視点から分析する。

またリスクがあると判断したサーバについては、攻撃者の視点からセキュリティ対策上の問題点を洗い出し、必要な対策を取りまとめ、報告書として提供する。

価格はドメイン数2件、サブドメイン数20件、IPアドレス数20件の場合で110万円から(税別)。同社では今後3年間で1億円の売上げを目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2020/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
WordPress向けのテーマやプラグイン「Jupiter」に深刻な脆弱性
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消