Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始

CODE BLUE実行委員会は、10月29、30日にオンラインで開催する「CODE BLUE 2020」の詳細を明らかにした。カンファレンスはマルチトラックとなる予定で、参加費は無料だという。

同イベントは、国内外のセキュリティ専門家が参加する国内発のセキュリティカンファレンス。2020年は当初10月29日、30日に都内で開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の影響でオンラインによる実施へと変更している。

同実行委員会では、オンラインならではのイベントとなるよう企画の検討を進めてきたが、協賛企業の強い後押しもあり、「参加費無料」による開催を決定。これまで参加経験がない層に対してもアプローチする。ただし、「サイバー犯罪対策トラック」については、有料の別枠が設定される可能性もある。

またマルチトラックが復活。技術やセキュリティ全般を扱う「メイントラック」「金融トラック」「サイバー犯罪対策トラック」「法律&政策トラック」のほか、ツールを紹介するBlueboxや、協賛企業によるオープントラックも用意。一部トラックを除き、日英の同時通訳も提供する予定。

さらに25歳以下の技術者や研究者を支援する目的でU25枠の論文募集を今回も実施。研究開発奨励金の提供なども計画しているほか、協賛企業による情報提供なども行う予定。

講演者の募集も開始しており、締切は8月15日。イベントの詳細や参加登録は、同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2020/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
クラウドのDB消去をテーマとしたセミナー実施 - DBSC
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
「メタバース」なども取り上げるセキュリティイベント - JSSECら
個人情報保護法改正や越境問題をテーマにセミナー開催 - DBSC
「セキュリティ・キャンプフォーラム2022」がオンラインで開催
「JC3 Forum 2022」を3月に開催 - 脅威動向など解説
「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC