Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も

カメラ量販店「カメラのキタムラ」のオンラインショップにおいて、約40万件のアカウントが不正ログインされたことがわかった。不正注文も確認されている。

「カメラのキタムラネットショップ」を運営するキタムラによれば、4月4日から5月27日にかけて、国外の複数IPアドレスから、第三者が正規利用者になりすました「不正ログイン」が行われたもの。その後も継続して不正アクセスを確認しているという。

一連の攻撃で約40万件のアカウントがログインを許し、氏名や住所、生年月日、電話番号、性別、メールアドレス、ニックネーム、利用店舗、利用履歴、保有ポイントの残高など、個人情報が取得された可能性がある。またポイントを用いた不正注文が数件確認された。1件については商品を発送するなど実被害につながったという。

同サイトにおいて、通常よりもログインの回数が増加したことから同社では調査を実施。5月28日に問題を把握した。発信元IPアドレスの地域や件数については、警察による捜査中であることを理由にコメントを避けている。

(Security NEXT - 2020/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満