Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も

ログインの試行回数についても調査中として、具体的な件数を明らかにしていない。ログインパスワードはハッシュ化して保存しており、パスワードそのものを保有しておらず、内部より情報が流出した痕跡も確認されていないと説明。同社以外で入手されたメールアドレスとパスワードを用いたいわゆる「パスワードリスト攻撃」との見方を示している。

同サイトでは、2017年11月に第三者により不正ログインが行われる同様の攻撃を受けているが、その際に導入した対策のひとつが今回の攻撃を検知するきっかけになったという。

しかしながら、2017年の攻撃では約2日間で約5万件と比較的短期間にアクセスが集中したのに対し、今回は前回に比べて1日あたりの攻撃回数が前回より少なく、長期間をかけてログインの試行が行われたことから、検知までに時間を要したものと見られる。

同社では、ログインパスワードの初期化を実施。顧客に対してパスワードの使い回しをさけるよう注意喚起を行うとともに、パスワードの再設定を求めた。また発信元となったIPアドレスからのアクセスについて監視を強化するとともに、再発を防止するため、機械的なアクセスの検知や、2段階認証の導入など、対策を検討している。

(Security NEXT - 2020/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
川崎市で野球場予約に大量の申込 - 同一IPアドレスから1日に約2万件