Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「UPnP」プロトコルに脆弱性、攻撃手法「CallStranger」が明らかに

ネットワークへ接続された機器の相互認識に利用される「UPnP(Universal Plug-and-Play)プロトコル」に対するあらたな攻撃手法「CallStranger」が明らかとなった。ネットワークに接続された機器の情報を収集されたり、DDoS攻撃へ悪用されるおそれがある。脆弱性の判明を受けて「UPnP」プロトコルの仕様も変更されており、ネットワークを運用する組織や開発ベンダーなどに注意が呼びかけられている。

「UPnP」に対応したデバイスにより、ローカルネットワーク(LAN)内の情報を収集されたり、DDoS攻撃の踏み台として悪用されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-12695」が明らかとなったもの。

「UPnP」の対応機器において、あらかじめ登録を行った機器に対してイベントを通知する機能が悪用可能であるとして、EYトルコに所属するセキュリティ研究者が調整を経て脆弱性を公表。攻撃手法を「CallStranger」と命名した。従来より指摘されてきたインターネット上に公開されている「UPnP」機器を利用したリフレクション攻撃とは異なる。

同研究者は、「UPnP」に対応した機器がインターネット上に公開されている場合、特に影響が大きいが、「Windows 10」をはじめ、ルータやプリンタ、インターネット対応テレビなどローカルネットワークに接続された数十億規模の対応機器が影響を受けると述べている。

問題となるのは、機器へ登録を行う同プロトコルが備える「SUBSCRIBE関数」。任意のコールバック先を指定できるため、細工したリクエストを脆弱な「UPnP」対応機器に送信、登録しておくことで、あらたな機器の追加など、イベント発生時に特定のURLに対して通信を発生させることが可能だという。

(Security NEXT - 2020/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ