Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「UPnP」プロトコルに脆弱性、攻撃手法「CallStranger」が明らかに

漏洩対策製品(DLP)やセキュリティデバイスをバイパスして、ネットワークに接続された機器のデータ収集が行われたり、DDoS攻撃の一種であるリフレクション攻撃に利用されるおそれがあると脆弱性の危険性を指摘している。

脆弱性を発見、報告した同研究者は、同プロトコルを管理するOCF(Open Connectivity Foundation)に2019年12月に報告した。

当初OCFでは、デバイスにおけるプロトコル実装上の脆弱性であるとしていたが、同氏はプロトコルの問題であり、全ベンダーに連絡する必要があると主張。OCFでは4月17日にUPnPデバイスアーキテクチャを改訂し、登録する通知先について同一ネットワークセグメント以外のURLを受け入れることについて、禁止するとの仕様を追加した。

同研究者は、デバイスの脆弱性を調べることができるツールをGitHubに公開。インターネットに公開されている機器で「UPnP」のポートを閉じたり、セキュリティゲートウェイにおける「UPnP」プロトコルによる登録や通知を行うトラフィックの遮断、脆弱性の悪用などの確認、内部ネットワークで運用する機器のインターネットに対するアクセスポリシーの確認など、対策を呼びかけている。

またセキュリティ機関では、脆弱性の公表を受けて注意喚起を実施。利用者のほか、開発者に対してUPnPの実装を更新するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開