Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始

サイボウズは、あらたな企業研修プログラムとして、「PSIRT(Product Security Incident Response Team)」の構築支援サービスを開始する。

同社では、自社製品の安全管理やサポート、インシデント対応など行う「PSIRT」を2006年に組織化。脆弱性報奨金制度などを運営するなどノウハウを蓄積しており、ウェブサービスの開発者を対象に研修を通じて「PSIRT」の構築を支援する。

研修期間は5カ月程度としており、同社で過去にPSIRTを務めた経験者が講師となり、1回あたり2時間の講義を5回実施し、課題などに取り組む。

具体的には、脆弱性の発見や分析、トリアージ、対策情報を含めた公開のほか、ステークホルダーのマネジメントや、トレーニング方法などを学習できる。

価格は200万円だが、Software ISACの会員に対しては100万円で提供するとしている。

(Security NEXT - 2020/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消