Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始

サイボウズは、あらたな企業研修プログラムとして、「PSIRT(Product Security Incident Response Team)」の構築支援サービスを開始する。

同社では、自社製品の安全管理やサポート、インシデント対応など行う「PSIRT」を2006年に組織化。脆弱性報奨金制度などを運営するなどノウハウを蓄積しており、ウェブサービスの開発者を対象に研修を通じて「PSIRT」の構築を支援する。

研修期間は5カ月程度としており、同社で過去にPSIRTを務めた経験者が講師となり、1回あたり2時間の講義を5回実施し、課題などに取り組む。

具体的には、脆弱性の発見や分析、トリアージ、対策情報を含めた公開のほか、ステークホルダーのマネジメントや、トレーニング方法などを学習できる。

価格は200万円だが、Software ISACの会員に対しては100万円で提供するとしている。

(Security NEXT - 2020/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII