Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「livedoor ID」に対して大規模な不正ログイン試行

LINEは、同社ウェブサービス「livedoor」に対し、本人以外の第三者による大規模なログイン試行が検知されたとして、適切なパスワードを利用するようあらためて注意喚起を行った。

同社では、日ごろより不正にログインする行為を検知しているが、5月24日に「livedoor ID」に対してログインを試行する大規模なアクセスを検知したことから、あらためて注意を呼びかけたもの。

大部分は、無効なIDや、誤ったパスワードを用いてログインに連続で失敗し、自動的に遮断されているが、一部アカウントでログインを許すケースも見られるという。

同社では、不正にログインされたアカウントの利用者に対して個別に連絡を取るとともに、利用者へパスワードの使い回しを避け、推測されにくい文字列を設定するなど、安全管理の徹底を求めている。

(Security NEXT - 2020/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン