Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市

千葉県船橋市のウェブサイトが、スパム配信の踏み台となったことがわかった。サイトに用意された問い合わせフォームの自動返信機能が悪用されたという。

同市によれば、5月21日2時42分ごろから同市のウェブサイトから意図しないメールが大量に送信されたもの。8時50分ごろ、ウェブサイトのコンテンツマネジメントシステム(CMS)の運用を担当する委託事業者より同市へ連絡があり、問題が発覚した。

同日9時半ごろ大方収束するも、数は少ないながらその後も同日18時まで断続的に不正なメールが送信された。

同市では、ウェブサイトに問い合わせフォームを設置しているが、投稿時に受け付けが完了したことをメールで通知する「自動返信機能」のしくみが悪用されたという。

具体的には、フォームの氏名部分に「URL」、メールアドレス部分に「スパムの送信先となるメールアドレス」を入力。メールアドレスを差し替えつつ、繰り返し投稿することで、「返信先の宛先」に不正なURLが記載された大量のメールが、不特定多数に送信された。

20200526_fc_001.jpg
自動返信により届くメール。「■■■」部分に不正なURLが記載されていた(画像:船橋市)

(Security NEXT - 2020/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 遺伝子解析ベンチャー
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
問合フォームが悪用被害、スパム送信の踏み台に - 日本事務器
約5カ月間、海外現地法人や海外支局に不正アクセス - 日経新聞
1年間不使用のメールアカウントに不正アクセス - 人道支援団体
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会