Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント

アズジェントは、イスラエルHysolateが開発した複数OSをクライアント上の分離した環境で稼働できるハイパーバイザー製品「Hysolate」を5月18日に発売する。

同ソリューションは、クライアント上で複数のOS環境を起動し、シームレスに操作できるソリューション。

社内システムと、マルウェアの侵入経路となりうるインターネットへ接続するシステムを、クライアントのハイパーバイザー上の独立した環境で稼働させることが可能。画面の切り替えなど行うことなく、両システムの画面を同時に表示できるほか、コピー&ペーストやスクリーンショットの制限なども行える。

価格はオープン。参考価格は、1000ユーザーに導入した場合、1端末あたり3万7000円から。初年度に5億円の販売を目指している。今後は同社が取り扱う「Votiro Disarmer」との連携なども進めていく。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED