Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「特別定額給付金」便乗の「なりすましメール」に注意

政府による10万円の特別定額給付金のオンライン申請がはじまったことに便乗し、給付金の申請手続きなどと称して無関係なサイトへ誘導する「なりすましメール」が確認されている。

注意喚起を行った日本サイバー犯罪対策センターによれば、問題のメールでは、携帯電話会社や運輸事業者をかたり、給付金の申請手続きなどと称して、偽サイトへ誘導していた。

同センターが誘導先のサイトを確認したところ、「御当選通知書」などと記載されており、当選金1800万円の受け渡しのためなどとして、氏名や銀行名、口座番号をはじめとする個人情報をだまし取ろうとしていた。

同センターでは、地方自治体や携帯電話事業者が、メールよりリンクで誘導し、申請手続きを求めることはないと指摘。類似したメールへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
【加筆訂正あり】検索結果に紛れ込む「偽Zoom」にご用心
ドメインに「tokyo2021」は使用しない - 東京オリパラ組織委が偽サイトに注意喚起
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を