Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査

ITRは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が、企業のIT戦略に及ぼした影響について調査を行い、結果を取りまとめた。

20200512_it_001.jpg
新型コロナウイルス感染症拡大による活動自粛が与えるIT戦略への影響(グラフ:ITR)

同調査は、4月24日から同月27日にかけて、国内企業でIT戦略の策定やIT実務に関わる担当者を対象に実施したもの。1370件の回答があった。

調査では、新型コロナウイルスの感染拡大が、自組織のIT戦略にどのような影響をもたらすか聞いた。

政府の緊急事態宣言発令にともなう経済活動の自粛によって、デジタル化の推進が「大いに加速すると思う」が27%、「やや加速すると思う」が44%となり、あわせて71%が加速要因になると回答した。一方で「やや減速すると思う(5%)」「大いに減速すると思う(2%)」との意見も見られた。

(Security NEXT - 2020/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委