Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査

ITRは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が、企業のIT戦略に及ぼした影響について調査を行い、結果を取りまとめた。

20200512_it_001.jpg
新型コロナウイルス感染症拡大による活動自粛が与えるIT戦略への影響(グラフ:ITR)

同調査は、4月24日から同月27日にかけて、国内企業でIT戦略の策定やIT実務に関わる担当者を対象に実施したもの。1370件の回答があった。

調査では、新型コロナウイルスの感染拡大が、自組織のIT戦略にどのような影響をもたらすか聞いた。

政府の緊急事態宣言発令にともなう経済活動の自粛によって、デジタル化の推進が「大いに加速すると思う」が27%、「やや加速すると思う」が44%となり、あわせて71%が加速要因になると回答した。一方で「やや減速すると思う(5%)」「大いに減速すると思う(2%)」との意見も見られた。

(Security NEXT - 2020/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都