Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など

誤って同サイト上へ掲載した同月5日10時過ぎに「県内発生事例一覧表」に個人情報が掲載されているとして複数の問い合わせが寄せられ、問題が発覚。ファイルを削除した。

同県では患者情報を表計算ファイルで管理しており、氏名などの情報を削除した上で公開していたが、作業を行った4日は、ウェブページの作成と承認を同じ職員が担当しており、別の職員が確認することなく、誤ったファイルを公開してしまったという。

同県は今回の問題を受けて謝罪。今後は、公開用のファイルを別途作成するほか、ダブルチェックなどの対応を徹底し、再発防止を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2020/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
医療機関向けの検査協力金案内メールで誤送信 - 大阪府
返却したワクチン接種券に接種者名簿が混入 - 池田市
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円