Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など

愛知県において、新型コロナウイルス感染症患者に関する非公開の個人情報を誤ってウェブサイトで公開するミスが発生した。

同県では、新型コロナウイルス感染症に関する特設サイトを設置しているが、同県内で発生した495件の感染事例に関する非公開の患者情報を5月5日に誤って約45分間にわたり同サイト上で掲載したもの。

本来は発表日、年代、性別、国籍、住居地、接触状況のみを公開するところ、患者の氏名や入院先の医療機関、入院日、転院先の医療機関、転院日、退院日、発生届提出保健所、クラスターの名称や分類などが記載されていた。

同県によれば、「県内発生事例一覧表」をサイト上で公開するため、前日4日に設定作業を行ったが、誤ったファイルを登録してしまったという。

(Security NEXT - 2020/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都