Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など

愛知県において、新型コロナウイルス感染症患者に関する非公開の個人情報を誤ってウェブサイトで公開するミスが発生した。

同県では、新型コロナウイルス感染症に関する特設サイトを設置しているが、同県内で発生した495件の感染事例に関する非公開の患者情報を5月5日に誤って約45分間にわたり同サイト上で掲載したもの。

本来は発表日、年代、性別、国籍、住居地、接触状況のみを公開するところ、患者の氏名や入院先の医療機関、入院日、転院先の医療機関、転院日、退院日、発生届提出保健所、クラスターの名称や分類などが記載されていた。

同県によれば、「県内発生事例一覧表」をサイト上で公開するため、前日4日に設定作業を行ったが、誤ったファイルを登録してしまったという。

(Security NEXT - 2020/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
コロナ患者情報を個人宅へ誤ファックス - 西宮市