Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など

愛知県において、新型コロナウイルス感染症患者に関する非公開の個人情報を誤ってウェブサイトで公開するミスが発生した。

同県では、新型コロナウイルス感染症に関する特設サイトを設置しているが、同県内で発生した495件の感染事例に関する非公開の患者情報を5月5日に誤って約45分間にわたり同サイト上で掲載したもの。

本来は発表日、年代、性別、国籍、住居地、接触状況のみを公開するところ、患者の氏名や入院先の医療機関、入院日、転院先の医療機関、転院日、退院日、発生届提出保健所、クラスターの名称や分類などが記載されていた。

同県によれば、「県内発生事例一覧表」をサイト上で公開するため、前日4日に設定作業を行ったが、誤ったファイルを登録してしまったという。

(Security NEXT - 2020/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
無料PCR検査の連絡で3度にわたりメール送信ミス - 三重県
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
コロナ対策ポスター掲示店の申請者情報を誤掲載 - 宮城県
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験