Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など

愛知県において、新型コロナウイルス感染症患者に関する非公開の個人情報を誤ってウェブサイトで公開するミスが発生した。

同県では、新型コロナウイルス感染症に関する特設サイトを設置しているが、同県内で発生した495件の感染事例に関する非公開の患者情報を5月5日に誤って約45分間にわたり同サイト上で掲載したもの。

本来は発表日、年代、性別、国籍、住居地、接触状況のみを公開するところ、患者の氏名や入院先の医療機関、入院日、転院先の医療機関、転院日、退院日、発生届提出保健所、クラスターの名称や分類などが記載されていた。

同県によれば、「県内発生事例一覧表」をサイト上で公開するため、前日4日に設定作業を行ったが、誤ったファイルを登録してしまったという。

(Security NEXT - 2020/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も