Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ対応医療機関における個人情報の取り扱いで考え方 - 個情委

個人情報保護委員会と厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症に関連し、医療機関の転院措置における感染患者の個人情報に関する取り扱いについて考え方を示した。

転院時に医療機関間で個人情報を提供する際の同意の必要性について考え方を示したもの。

院内掲示により「黙示の同意」が得られているとしたほか、人の生命の保護や迅速な対応が求められる公衆衛生上の目的で同意を得られない場合など例外にあたり、同意を得る必要はないと説明。

また同意を得る場合も口頭や電話などで得て、診療記録にのこすことで認められるとしている。

(Security NEXT - 2020/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
個情委、LINEとZHDに立ち入り検査 - 報告内容を現地確認
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分