Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市

新潟県糸魚川市は、個人情報を持ち帰った職員に対し、懲戒処分を実施した。

同市によれば、職員がUSBメモリに個人情報を保存して持ち帰ったことが、3月30日に明らかとなったもの。

今回の問題を受けて同市では同職員に対し、4月13日付で戒告とする懲戒処分を実施した。

(Security NEXT - 2020/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
孫のパスポート代理申請で個人情報を持ち出し - 熊本市
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委