Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe ColdFusion」に3件の脆弱性 - アップデートが公開

Adobe Systemsは、「Adobe ColdFusion」における複数の脆弱性を修正したセキュリティアップデートをリリースした。

20200415_as_001.jpg
アップデートをリリースしたAdobe Systems

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、「同2018」「同2016」における複数の脆弱性へ対処したアップデートをリリースしたもの。

具体的には、入力値の検証に問題があり、サービス拒否が生じる脆弱性「CVE-2020-3767」や、アクセス制御の問題による情報漏洩の脆弱性「CVE-2020-3796」を修正。

さらに意図しないライブラリファイルを読み込み権限の昇格が生じる「CVE-2020-3768」を解消した。脆弱性の重要度をいずれも3段階中2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングしている。

同社は、セキュリティアップデートとなる「同2018 Update 9」「同2016 Update 15」をリリース。適用優先度についても3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安にアップデートするよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開