Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市

大阪市は、誤送付や誤交付など、2月21日から3月20日までに報告があった個人情報に関する事務処理ミス10件を公表した。

同期間中に発生した誤送付は5件。「子育てのための施設等利用給付認定通知書」を誤って同姓同名に送付したケースのほか、宛先を誤ったケースがあった。2件については、重要管理ポイントが設定されていなかったほか、2件については遵守したもののミスが発生した。

一方誤交付は3件が判明している。重要管理ポイントが未設定のケースが1件、誤って別人の「後期高齢者医療葬祭費支給申請書」を交付したケースなど、重要管理ポイント違反で生じたケースが2件だった。

また海外から転入手続きを行った住民に、同姓同名同生年月日の他人の住民票コードとマイナンバーを付与し、年金事務所から他人の基礎年金番号が記載された通知を送付するミスが発生。中学校において、テストの解答用紙が所在不明となるなど、重要管理ポイント違反による事故2件が明らかとなっている。

(Security NEXT - 2020/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
個人情報関連の事務処理ミスを公表 - さいたま市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市
一部中学校卒業者名簿が所在不明に - 名古屋市
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県