Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施

アスピレイションは、テレワーク体制におけるセキュリティ対策状況について診断するサービスを提供開始した。

「リモートワーク環境緊急セキュリティ診断サービス」は、組織のテレワーク体制における調査を実施し、脆弱な部分が確認された場合は改善対策を提案する診断サービス。契約から診断まで、最短7営業日で報告するとしている。

組織のネットワークやウェブサイト、サーバなど、IT資産のIPアドレスリストをもとにアクセステストやマルウェアのチェックを実施。結果を踏まえてさらに担当者へインタビューを実施し、追加調査を行った上でレポートを提供する。

(Security NEXT - 2020/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化