Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ

イエラエセキュリティは、セキュリティに関連した事故の対応支援や調査などを行うフォレンジック調査サービスを提供開始した。

同サービスは、マルウェアの感染や不正アクセス、内部不正などの事故が発生した際に、対応の支援、原因、被害範囲の調査などを提供するもの。

ヒアリングを実施して証拠の保全を行った上で、データを収集し、端末や通信先などを調査。報告書を提出する。

パソコンやスマートフォン、サーバ、リムーバブルメディア、メモリのほか、クラウド環境におけるフォレンジック調査にも対応。データの改ざんや消去など行われた際の復元や、調査後の脆弱性診断などもワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2020/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「LogonTracer」に新版、複数ログの管理に対応 - Sigmaルールも利用可能に
厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア