Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ

イエラエセキュリティは、セキュリティに関連した事故の対応支援や調査などを行うフォレンジック調査サービスを提供開始した。

同サービスは、マルウェアの感染や不正アクセス、内部不正などの事故が発生した際に、対応の支援、原因、被害範囲の調査などを提供するもの。

ヒアリングを実施して証拠の保全を行った上で、データを収集し、端末や通信先などを調査。報告書を提出する。

パソコンやスマートフォン、サーバ、リムーバブルメディア、メモリのほか、クラウド環境におけるフォレンジック調査にも対応。データの改ざんや消去など行われた際の復元や、調査後の脆弱性診断などもワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2020/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール