Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で

京都大学は、教授宛てのメールを盗み見たり、機密文書をスキャンして持ち出したほか、教授室を盗撮したとする非常勤職員を懲戒解雇した。

同大によると、問題の非常勤職員は、同大教授宛てに送信された機密情報含むメールを無断で閲覧。教授の机から機密書類を持ち出し、スキャンしてデータを取得していた。

さらに教授室に盗撮目的のビデオカメラを設置。撮影したデータの消去に応じず、他教職員がアクセスできる共有フォルダに保存していたという。

業務上の必要がないにもかかわらず、休日に大学のセキュリティエリアに入り、許可なく大学生の子どもなども同エリアに立ち入らせていた。また業務上必要のない印刷を大量に行ったり、備品であるオーブンレンジを勝手に処分する行為などもあったとしている。

同大は、これら行為について就業規則が規定する懲戒事由に該当すると説明。同職員を3月31日付で懲戒解雇とする処分を実施した。

(Security NEXT - 2020/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
不正アクセスで問合顧客の情報が流出 - ALL CONNECT
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機