Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県

神奈川県は、県立高校において生徒の指導要録や健康診断票を誤って廃棄したことを明らかにした。

同県によれば、県立高校で中学校から送付された2019年度入学生の指導要録抄本と健康診断票を誤ってシュレッダーで裁断処理したもの。3月30日に同校から同県教委に報告があった。

指導要録抄本には、生徒397人分の氏名、住所、性別、生年月日、各教科の学習記録などを記載。健康診断票には、氏名や性別、生年月日のほか、身長、体重、視力、聴力、歯科の記録などが含まれる。

同校では、こうした書類を職員室の施錠できるロッカーで本来保管しているが、ロッカーへ移動する前の2月4日、職員が応接室で書類が入った封筒の束を一時的に保管したところ、そのまま失念。

その後、応接室の片付けが行われたが、その際に中身を確認することなく、他廃棄書類とともに文書保管倉庫へ移動して保管し、3月18日に業者が校内でシュレッダーにより処理したという。

同校では対象となる生徒や保護者に対し、電話で事情を説明するとともに謝罪。書面でも謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし