Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用

「iOS」や「macOS」などと連携する「iCloudカレンダー」の正規機能を悪用し、悪意あるサイトへ誘導する攻撃が発生している。身に覚えのない通知やイベント表示に警戒が必要だ。

情報処理推進機構(IPA)によれば、「iPhone」の利用者から、カレンダーにより身に覚えのない通知が行われたり、イベントが追加されたといった相談が1月以降、複数寄せられているという。

「ウイルスに感染している可能性があります」「あなたのiPhoneは保護されていません」など、不安を煽るメッセージを含んだイベントをカレンダーへ追加するとともに、URLを記載。

カレンダーによる通知やカレンダーのアプリから個人情報の入力を促すフィッシングサイトや、アプリをインストールさせるサイトに誘導していた。

20200331_ip_001.jpg
攻撃のイメージ。イベントが勝手に追加され、身に覚えのない通知が表示される(画像:IPA)

(Security NEXT - 2020/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
トレンドマイクロの「パスワードマネージャー」権限昇格の脆弱性
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
「Firefox 89」をリリース、9件の脆弱性を修正 - iOS版も更新