Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視

セキュリティ上の理由から実施する「取引保留」についてどう思うか聞いたところ、「必要だ(89.8%)」「安心できる(88.3%)」との回答が9割近くにのぼる。一方で「わずらわしい(23.3%)」との声もあった。

クレジットカードを選ぶ際に重視する点はとしては、「ポイントが貯まる、使える提携先が多いこと(92.5%)」「年会費が安い、無料(92.2%)」といった回答が上位に並ぶ。

「セキュリティがしっかりしていること(92.2%)」との意見も同じく高い割合を示し、「ポイントの付与率、還元率が高い(88.0%)」を上回った。

一方、「クレジットカードのブランド」を挙げた回答者は53.9%にとどまり、実質的な利益やセキュリティ対策を求める声と大きく差が開いている。

(Security NEXT - 2020/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2022年1Qクレカ不正利用被害、前期比7.4%増 - 約100億円を突破
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に