Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顔認証による空港搭乗手続きで個人データ取扱ガイド - 国交省

国土交通省は、顔認証技術を用いた空港の搭乗手続き「One IDサービス」の導入に向けて、顔画像など個人データの取り扱いに関するガイドブックを取りまとめた。

同サービスは、国際線の出発手続きにおいて従来より目視で行っている本人確認を、顔認証技術で行うもの。手続きの際に搭乗券やパスポートの提示が不要となる。

同サービスでは顔画像情報を利用しており、個人データを事業者が厳格に管理する必要があるとして、同省では検討会を設置。事業者が同サービスを導入する際に、個人データの取り扱いについて配慮すべきポイントを同ガイドブックとして取りまとめた。

留意点として、利用目的を出国審査を除いた搭乗手続きに限定することや、対象を希望のみとし、従来通りの手続きも残すこと、原則24時間以内に消去することを定めた。また十分な理解を得られるよう、手続き方法や利用目的など説明し、同意を取得することなどを求めている。

(Security NEXT - 2020/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
改正個人情報保護法の実務対応をテーマとしたセミナー開催 - JIPDEC
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件