Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSが定例外アップデート、「SMBv3」処理の脆弱性を解消

「Windows」において「SMBv3」プロトコルの処理に深刻な脆弱性「CVE-2020-0796」が明らかとなった問題で、マイクロソフトはセキュリティアップデートを定例外で急遽リリースした。

同脆弱性は、「Microsoft Server Message Block 3.1.1(SMBv3)」プロトコルの圧縮データを処理する機能に存在。リモートより細工したパケットを送信することでコードを実行することが可能となるため、ワームなどに悪用される懸念が出ている。

同社は、米時間3月10日の月例セキュリティ更新を発表した際、同時にセキュリティアドバイザリを公表。回避策をアナウンスするとともに、パッチの準備を進めていた。

問題の圧縮機能は、「Windows 10 Version 1903」「Windows Server version 1903」に追加されたもので、同バージョン以降に影響がある。それより前の「Windows」については、圧縮機能をサポートしていないため、脆弱性の影響は受けないという。

特にサーバ側への影響が大きいが、クライアント側においても、攻撃者が用意したサーバへ接続させることで攻撃が可能となる。

(Security NEXT - 2020/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み