Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSが定例外アップデート、「SMBv3」処理の脆弱性を解消

「Windows」において「SMBv3」プロトコルの処理に深刻な脆弱性「CVE-2020-0796」が明らかとなった問題で、マイクロソフトはセキュリティアップデートを定例外で急遽リリースした。

同脆弱性は、「Microsoft Server Message Block 3.1.1(SMBv3)」プロトコルの圧縮データを処理する機能に存在。リモートより細工したパケットを送信することでコードを実行することが可能となるため、ワームなどに悪用される懸念が出ている。

同社は、米時間3月10日の月例セキュリティ更新を発表した際、同時にセキュリティアドバイザリを公表。回避策をアナウンスするとともに、パッチの準備を進めていた。

問題の圧縮機能は、「Windows 10 Version 1903」「Windows Server version 1903」に追加されたもので、同バージョン以降に影響がある。それより前の「Windows」については、圧縮機能をサポートしていないため、脆弱性の影響は受けないという。

特にサーバ側への影響が大きいが、クライアント側においても、攻撃者が用意したサーバへ接続させることで攻撃が可能となる。

(Security NEXT - 2020/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で