Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断

デジタルアーツは、ウェブフィルタリングソフトの新版「i-FILTER Ver.10.40」を3月12日から提供開始する。

同製品は、同社データベースをもとにウェブサイトへのアクセスを制御するウェブフィルタリング製品。

新版では、同社で安全が確認できていないURLに対する通信をブロックし、「ID」や「パスワード」の送信を防ぐ「クレデンシャルプロテクション」機能をあらたに搭載。

また拡張子を偽装を検知したファイルのダウンロードをブロックする機能「ダウンロードフィルター」をデフォルトで利用できるようになった。

(Security NEXT - 2020/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure