Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ分析機器「MELQIC IU1」に複数脆弱性

三菱電機製のデータ分析機器「MELQIC IU1シリーズ」のネットワーク機能に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品は、産業制御機器などのデータを収集、解析する機器。同社によれば、同製品のファームウェアに含まれるTCP/IPスタックに「バッファエラー」の脆弱性「CVE-2020-5542」や「NULLポインタ参照」の脆弱性「CVE-2020-5544」などあわせて6件の脆弱性が明らかになったという。

同社は、脆弱性の周知にあたりJPCERTコーディネーションセンターへ報告し、同センターでは公開にあたり調整を実施。同社は脆弱性を修正した「バージョン1.08」をリリースしており、利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘