Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

株主宛メールで送信ミス、メアド流出 - グンゼ

グンゼは、株主優待に関するメールにおいて送信ミスがあり、同社株主のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、3月3日10時前に株主優待クーポンの使用期限に関する案内メールをクーポンを発行した株主へ送信したところ、ミスが発生したもの。

メールアドレスを誤って宛先に設定したため、株主のメールアドレス210件が表示され、受信者間に流出。同月5日にメールを受信した株主から指摘があり、問題が判明した。

同社では対象となる株主に対してメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信、情報共有せず他課で再発 - 那覇市
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
クラブ会員宛メールに他会員の情報 - 浦和レッズ