Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社

関西電力のグループ会社である関電アメニックスは、従業員の端末がマルウェアに感染し、関係者のメールアドレスが流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、従業員の端末がマルウェア「Emotet」に感染したもの。1月15日にセキュリティ機器のアラートを検知したという。

ネットワークから遮断し、外部事業者による調査を進めていたが、3月5日にメールアドレスや差出人名が流出した可能性があるとの報告を受けたという。

具体的には、社外関係者のメールアドレス265件や社内関係者のメールアドレス183件、およびメールの差出人の氏名で、同社は関係者に対して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
攻撃グループ「Lazarus」のマルウェア情報を公開 - JPCERT/CC
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも