Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社

関西電力のグループ会社である関電アメニックスは、従業員の端末がマルウェアに感染し、関係者のメールアドレスが流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、従業員の端末がマルウェア「Emotet」に感染したもの。1月15日にセキュリティ機器のアラートを検知したという。

ネットワークから遮断し、外部事業者による調査を進めていたが、3月5日にメールアドレスや差出人名が流出した可能性があるとの報告を受けたという。

具体的には、社外関係者のメールアドレス265件や社内関係者のメールアドレス183件、およびメールの差出人の氏名で、同社は関係者に対して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
神奈川県が偽サイトに注意喚起 - マルウェア感染のおそれ
「Emotet」感染でアカウント奪われ、大量のメール送信 - 埼大
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
未感染者にも及ぶ「Emotet」被害 - なりすまされ、約10万件のメール
新手の攻撃?と思いきや、被害組織のPPAPシステムが「Emotet」メールも暗号化
開くだけで感染、「Emotet」新手口 - 「アイコン偽装」でさらに拡張子を隠蔽
「Emotet」にあらたな感染手口 - マクロ無効でも感染