Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社

関西電力のグループ会社である関電アメニックスは、従業員の端末がマルウェアに感染し、関係者のメールアドレスが流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、従業員の端末がマルウェア「Emotet」に感染したもの。1月15日にセキュリティ機器のアラートを検知したという。

ネットワークから遮断し、外部事業者による調査を進めていたが、3月5日にメールアドレスや差出人名が流出した可能性があるとの報告を受けたという。

具体的には、社外関係者のメールアドレス265件や社内関係者のメールアドレス183件、およびメールの差出人の氏名で、同社は関係者に対して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府