Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート詐欺でPC遠隔操作、情報流出は否定 - 京都教育大付属中

京都教育大学付属桃山中学校は、教諭がいわゆる「サポート詐欺」の被害に遭ったことを明らかにした。パソコンを遠隔操作されたが、情報流出は否定している。

同校によれば、10月29日に教諭が業務用端末で検索していたところ、マルウェア感染を示す警告画面が表示され、サポートセンターを名乗る電話番号へ連絡を取ってしまったという。

偽警告を用いたいわゆる「サポート詐欺」で、電話による指示に従い、パソコンを遠隔操作された。同日、同パソコンのネットワーク接続を遮断している。

翌30日より京都教育大学CSIRTが調査を実施。通信ログについて解析を行ったところ、同パソコンからファイルなどが流出した痕跡は見つからず、情報流出はなかったと結論付けた。

またほかのパソコンやサーバに対するもアクセスなどもなかったことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2023/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区