Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」

ジェイピー・セキュアは、レンタルサーバに導入されているウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)で検出した攻撃の動向を取りまとめた。「SQLインジェクション」を中心に、クロスサイトスクリプティング」「OSコマンドインジェクション」などで8割近くを占めたという。

同社が、GMOペパボのレンタルサーバ「ロリポップ!」に導入されている同社WAFで検出した攻撃動向について取りまとめたもの。2019年に検出した攻撃は約2億7898万件で、1日あたり約76万件の攻撃を検出した。

攻撃手法を見ると「SQLインジェクション」が47%でもっとも多く、「クロスサイトスクリプティング(19%)」「OSコマンドインジェクション(11%)」「WordPress設定ファイルの読み取り(9%)」が続いた。

「WordPress」を対象とした攻撃に絞ると、期間中に検出された攻撃は約9497万件。攻撃種類別では「SQLインジェクション」が43%、「WordPress設定ファイルの読み取り」が25%、「クロスサイトスクリプティング」が12%だった。2017年、2018年に注目を集めた「REST API」の脆弱性を悪用した攻撃は、0.5%ほどと大きく減少したという。

攻撃対象のディレクトリとしては、プラグインを格納する「/wp-content/plugins/」が33%、テーマを格納する「/wp-content/themes/」が32%で、あわせて3分の2近くを占めている。

(Security NEXT - 2020/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
脆弱性の届出、前四半期の約3分の2に - ウェブ関連が半減
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加