Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エミュレータ「QEMU」に深刻なRCE脆弱性

プロセッサエミュレータ「QEMU」にリモートよりコードの実行されるおそれがある深刻な脆弱性が指摘されている。

「同4.2.1」および以前のバージョンの「iSCSI Block driver」において域外のメモリへデータを書き込むことが可能となる脆弱性「CVE-2020-1711」が判明した。

米国立標準技術研究所(NIST)では、リモートよりプロセスをクラッシュさせ、コードを実行したり、サービス拒否を生じさせることができるとし、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアを「9.9」、「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

一方Red Hatでは同脆弱性について、攻撃条件が複雑であり、機密性や完全性への影響は低いとして「CVSSv3.0」におけるベーススコアを「7.7」と評価している。

脆弱性を修正するパッチがリリースされているほか、ディストリビューターなどもアップデートをリリースしている。

「QEMU」に関しては、「同4.2.0」が利用するライブラリ「libslirp 4.1.0」に起因するメモリ処理の脆弱性「CVE-2020-7039」や、バッファオーバーフローの「CVE-2020-8608」脆弱性なども2020年に入って明らかとなっている。これら脆弱性もNISTによる「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」と高い。

(Security NEXT - 2020/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み