Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナで講演会中止、案内メールを送信ミス - 台東区

東京都台東区は、講演会の開催中止を通知するメールを送信した際にミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同区によれば、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、3月15日に開催予定だった講演会「江戸から学ぶ」の中止を通知するメールを2月27日に送信したところ、操作ミスが発生したもの。講演会に当選した43人分のメールアドレスが、受信者間で閲覧できる状態となった。

送信作業中に職員がミスに気が付き、対象となる当選者にメールで謝罪。誤って送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付