Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナで講演会中止、案内メールを送信ミス - 台東区

東京都台東区は、講演会の開催中止を通知するメールを送信した際にミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同区によれば、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、3月15日に開催予定だった講演会「江戸から学ぶ」の中止を通知するメールを2月27日に送信したところ、操作ミスが発生したもの。講演会に当選した43人分のメールアドレスが、受信者間で閲覧できる状態となった。

送信作業中に職員がミスに気が付き、対象となる当選者にメールで謝罪。誤って送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載