Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナで講演会中止、案内メールを送信ミス - 台東区

東京都台東区は、講演会の開催中止を通知するメールを送信した際にミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同区によれば、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、3月15日に開催予定だった講演会「江戸から学ぶ」の中止を通知するメールを2月27日に送信したところ、操作ミスが発生したもの。講演会に当選した43人分のメールアドレスが、受信者間で閲覧できる状態となった。

送信作業中に職員がミスに気が付き、対象となる当選者にメールで謝罪。誤って送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県