Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ狙う「Roaming Mantis」、新型コロナ便乗も

Kasperskyは、サイバー攻撃キャンペーン「Roaming Mantis」の動向を取りまとめた。日本を狙った攻撃も強化しており、検知を逃れる機能なども追加していた。

「Roaming Mantis」は、不在通知を装ったショートメッセージ(SMS)などを利用し、Androidデバイスなどを狙った攻撃などでも知られる攻撃キャンペーン。2019年以降に見られた同攻撃キャンペーンの動向を取りまとめた。

同社によると、悪意あるSMSに記載されたリンクの一部誘導先ページにホワイトリスト機能を追加。ページ上で携帯電話番号を入力させ、攻撃対象のユーザーと確認できた場合にのみ、悪意あるアプリがダウンロードされるしくみとなっていた。現時点では韓国語のページにのみ実装されているが、今後他言語にも同様の攻撃を展開する可能性があると同社では警戒している。

またアプリに関しても無意味なコードなどを大量に追加することで解析の妨害を図るなど、セキュリティベンダーによる調査への対策を盛り込んでいたという。

日本や台湾、韓国など標的とする国に応じて偽装する物流企業を使い分けていることが判明。くわえて攻撃対象に国内のオンラインバンキングや携帯電話会社を追加しており、感染デバイス上で特定の銀行アプリを検出した場合や、キャリアが特定の携帯電話会社の場合にフィッシングサイトへ誘導していた。

また注目度が高い話題に便乗しており、新型コロナウイルスの感染拡大で不安が増加していることにつけ込み、マスクの無料配布をうたったメッセージなどを悪用している。

(Security NEXT - 2020/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄