Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公的機関の新型コロナ注意喚起に見せかけた偽メールに注意

国立感染症研究所は、新型コロナウイルスの感染拡大に便乗し、公的機関の注意喚起に見せかけた悪質なメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

同研究所と類似した「国立感染症予防センター」を差出人とする「なりすましメール」が出回っているもの。同研究所によれば、「国立感染症予防センター」なる組織は実在しないという。

問題のメールは、「新型コロナウイルスの感染予防策について」といった件名で送信されており、本文で感染予防策の実施を求めるとともに、「対策はこちら」などとしてリンクをクリックするよう促していた。

差出人は公的機関を装っているものの、実際は個人のメールアドレスから送信されていた。本文の冒頭には、受信者の団体名や個人名が記載されている。

(Security NEXT - 2020/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化