Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公的機関の新型コロナ注意喚起に見せかけた偽メールに注意

国立感染症研究所は、新型コロナウイルスの感染拡大に便乗し、公的機関の注意喚起に見せかけた悪質なメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

同研究所と類似した「国立感染症予防センター」を差出人とする「なりすましメール」が出回っているもの。同研究所によれば、「国立感染症予防センター」なる組織は実在しないという。

問題のメールは、「新型コロナウイルスの感染予防策について」といった件名で送信されており、本文で感染予防策の実施を求めるとともに、「対策はこちら」などとしてリンクをクリックするよう促していた。

差出人は公的機関を装っているものの、実際は個人のメールアドレスから送信されていた。本文の冒頭には、受信者の団体名や個人名が記載されている。

(Security NEXT - 2020/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え