Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE

LINEは、2月に同社SNSサービス「LINE」に対して「不正ログイン」の試行が行われ、4000超の利用者で被害が生じ、利用者の意図に反するメッセージの送信などが行われたとして注意を呼びかけた。

20200227_li_001.jpg
パスワードなどだまし取る「なりすましメッセージ」の例(画像:LINE)

同社によると、2月16日に最初の報告が寄せられ、調査を行ったところ、同社が確認しただけで国内4073人を含む4225人のユーザーにおいて不正ログインの被害が発生していることが判明した。

これらは不正ログイン後もLINEのアカウント自体の完全な乗っ取りには至っておらず、従来の利用者も引き続き利用できるが、攻撃者によってタイムラインへ意図しない投稿が行われたり、メッセージが送信されていたという。

通報内容をもとに調べたところ、問題の投稿やメッセージは、購買を促すスパムのほか、アカウントを完全に乗っ取ることを目的としたフィッシングサイトのURLなどを含んでいた。

(Security NEXT - 2020/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も