Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に

ブラックマーケットで流通するエクスプロイトコードを解析したHold SecurityのAlex Holden氏より説明を受けたジャーナリストのBrian Krebs氏が、2月12日にZyxel Communicationsに脆弱性を報告。同社より当初レスポンスがなかったことから、セキュリティ機関に対しても脆弱性の危険性を通知していた。

Krebs氏によれば、脆弱性のエクスプロイトコードは、利用環境や構成方法、痕跡の削除方法など詳細なマニュアルとあわせて、ブラックマーケットにおいて2万米ドルほどで販売されていたという。

また同氏は、Holden氏の話として、マルウェア「Emotet」を利用するグループなど、ランサムウェアを利用する攻撃グループによって、同エクスプロイトを実装する動きがあることを明らかにした。

すでにエクスプロイトコードの入手がインターネット上で可能となっている状況にあり、CERT/CCでもセキュリティアドバイザリにおいてデバイスの電源を切ることができる「PoC(実証コード)」を公開し、脆弱性の影響の大きさについてアピールしている。

(Security NEXT - 2020/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 「クリティカル」含む脆弱性26件を修正