Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化

マクニカは、セキュリティ対策のコンサルティングや運用、監視サービスを提供するS&Jを子会社化した。

マクニカでは、S&Jの発行する株式の約58%を取得。傘下にあるマクニカネットワークスとS&Jの連携を推進する。

S&Jでは、インシデント発生時に経営レベルで必要な対応を支援するアドバイザリーサービスや、セキュリティ監視運用サービスなどを提供しており、脅威インテリジェンスなど技術面に力を入れるマクニカネットワークスとの統合を進め、サービスの強化を図る。

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
KCCS、セキュリティ事業をMOTEXに統合
GMO、イエラエを子会社化 - 半数の発行株式を約92億円で取得
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
ココン、子会社3社を吸収合併 - 新社名は「イエラエセキュリティ」に
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
セキュアヴェイル、子会社LogStareを設立
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」